連続の記事投稿は悪影響を及ぼすか?

前回の記事繋がりで、今回は記事投稿の間隔について
SEOの視点から見てみます。

結論から言えば、
1日に何記事も投稿しても、スパム判定を受けることはありません。

私が以前やっていたブログ量産の物販アフィリエイトの
ノウハウでは、とにかく短文の記事を量産して
たくさんの無料ブログに投稿しまくっていました。
このノウハウです。)

2,3行程度の記事なので、仕事が終わってからもサクサクと
作業を進めていけるし、なによりも報酬発生までの期間が短いノウハウでした。
(今でもたまにやっています。)

そのノウハウのキモとなるのが、
1記事=1キャッシュポイント
という概念です。

つまり、記事をブログに投稿すればするほどお金になるという考え方ですね。

無料ブログを開設し、すぐに10~20個の記事を入れ、アクセス解析を凝視。
アクセスが来るようなら、さらに記事をガッツンガッツン突っ込み、ブログを
強化するし、アクセスが来ないなら放置する・・・ みたいな戦略をとっていました。

多い日だと、アクセスの多く来ているブログ1つにつき、100記事位を
作成・投稿する なんてこともやっていました。

ここで、SEOの勉強をしている方の中には、
「1日にそんなにたくさんの記事を投稿していたら、スパム判定を
受けてしまうのでは?」
と心配する方もいらっしゃると思います。

確かに、2,3行程度の記事を1日に100記事も投稿している人間は、
普通ではないと考えられても不思議ではありませんよね。

しかし実際には、1日のうちに大量の記事を投稿しまくっても、
スパム判定を受けたことは一度もありません。

それどころか、記事の大半は検索結果で上位表示され、
記事に貼ってあったアフィリエイトリンクからも商品が
バシバシと売れて行きました。

インデックスも早く、記事投稿した次の日には、既に検索結果上位に
君臨している記事もありました。

短い記事を短時間のうちに大量に投稿してもスパム判定を受けないのは
なぜなのか?

これは、検索エンジンの考える優良なサイトやブログの条件に、
「更新頻度の高さ」があるからだと考えられます。

1日にドッカンドッカン記事更新しまくろうが、とにかくたくさんの
コンテンツを提供しているブログというのは、
検索エンジンから見れば、読者のためになるサイトとして
映るのでしょう。

少なくとも、更新頻度が数週間に一回とか、数ヶ月に一回とかの
ブログよりも重宝されているのは確かです。

また、1日に1記事の更新であっても、2ヶ月間毎日更新したブログも、
検索結果の上位に表示されることは多くありました。

つまり、1日に何度更新しようがスパムを受けることはなく、むしろ、
更新頻度が高いブログはSEO上とても強いということがわかりますね。

ビクトリーキャッシュを購入された方で、一日の更新頻度を抑えている方が
いらっしゃるかと思いますが、ハッキリ言って無駄な心配ですよ。

ガッツンガッツン記事を放り込んで、サクッと強いブログを作っちゃって下さい。

そうすれば、多少ブログを放置していても報酬が上がり続ける、
言わば自動販売機のような資産を持つことになり、不労所得へと近づくことが
できますからね。

2件のコメント

  • リョウツさん

    こんにちは、パワブロです。

    更新頻度が高すぎると駄目という話はよく聞きますが、
    私も何となく違和感がありました。

    趣味でブログをやっている人でも
    1日にいくつも記事を投稿することはありますし、
    それで順位が下げられてしまうのは理不尽ですよね。

    私も構わず毎日記事を書き続けています。
    むしろその方が上位表示されやすいし、
    クローラーも頻繁に回ってきてくれます(^^

    応援クリック!

  • リョウツさん

    こんにちは、パワブロです。

    更新頻度が高すぎると駄目という話はよく聞きますが、
    私も何となく違和感がありました。

    趣味でブログをやっている人でも
    1日にいくつも記事を投稿することはありますし、
    それで順位が下げられてしまうのは理不尽ですよね。

    私も構わず毎日記事を書き続けています。
    むしろその方が上位表示されやすいし、
    クローラーも頻繁に回ってきてくれます(^^

    応援クリック!

コメントを残す