@SOHOで記事作成の外注を雇う際の最低単価について


最近SOHO にて、ブログ記事作成の外注さんを募集した際に、SOHO の運営から、記事単価と最低賃金についての注意を受けました。

私自身の備忘録、外注を雇われる方々への情報共有としてここに記載しておこうと思います。
といっても短いですが。

以下、SOHO が公表している、記事単価についての回答です。

サイトアフィリエイトのような、ガッツリ作成に時間がかかるような記事を外注さんに作成してもらう場合には、この回答にあるような最低単価
(100 ~ 150 文字 / 100円 ) を守る必要があるでしょう。

しかし、ビクトリーキャッシュ や 疾風アフィリエイト などで量産するような簡単な記事を外注する場合には、500文字 / 100円 で募集をかけてもOK だと思います。

ただその場合は、作成を依頼している記事の内容が、「とても簡単で時間をかけずに書けるものである」
ということを明記する必要があります。

参考にしてみて下さい。


ちなみに、CrowdWorks や Lancers などの外注募集サイトも存在しており、私は Crowdworks を最近愛用しています。
CrowdWorks の場合、記事作成時の最低単価が特に設定されていないため、上手くいけば 1 文字 0.2 円とかの低単価で記事作成してもらうことも可能です。

もちろん、プロのライターさんや、記事作成の経験が豊富な外注様に依頼する場合は、1文字1円以上の単価は用意しなければならないでしょうが、無料ブログの記事作成や、Adsense の記事作成など、記事作成初心者の方に対応して頂いても問題ないお仕事の場合は、低単価でガンガン依頼すれば良いと思います。

Lancers についてはまだ利用したことがないのですが、少し調べたところでは、外注さんの品質は Crowdworks と大差ないようですので、そのうち使用してみて、レポートするかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す