仮想通貨とは何なのか? 初心者にもわかりやすく説明してみる

最近ニュースや雑誌などでも取り上げられることの多くなってきた仮想通貨ですが、その基本知識についてしっかりと理解している方は少ないように思います。

スポンサーリンク

僕も最近勉強し始めたばかりですので、人のことを言える立場ではないのですが(笑)、僕と同じく仮想通貨に興味を持った方のため、また、自分の備忘録として、仮想通貨が何なのか?について記載しておこうと思います。

株であれ投資信託であれ、不動産であれ、購入する前には、その対象について自分なりに調べるということをすると思いますが、仮想通貨については、なぜか事前知識の習得もせずに、ノリとテンションの高さで参入してくる方が多いようです。

その結果、チャートが上昇しているからと言って良くわからないまま雰囲気に流されて仮想通貨を買い進め、あるきっかけで市場が暴落して大損害を被った・・・ なんて方も多数いらっしゃいます。

仮想通貨が投資の対象として非常に魅力的なのは確かですが、仮想通貨の技術がどんなものであるかを知らずに投資することは、どんな事業をやっているかわからない会社の株を購入することと同じです。

せっかく興味をもった仮想通貨ですから、上手く投資して利益を出したいですよね。

せめてブロックチェーンやマイニングといったキーワードについて、他の人に簡単な説明ができる程度には、事前知識を入れておきましょう。

仮想通貨の技術は、今後の金融世界を大きく変える可能性のある技術です。
深く知ることで、仮想通貨がより一層魅力的なのは投資対象として認識できてくると思いますよ。

今回は、基礎中の基礎である、仮想通貨とは何か?
現存する他の通貨と仮想通貨との違いは何か?
について分かりやすく説明していきます。参考にして頂けると幸いです。

仮想通貨とは? 初心者にもわかりやすく説明してみた

仮想通貨には、円やドルなどの通貨とは異なる、様々な側面が存在します。
その中でも、特に大きな特徴としてあるのが、「実体を持たないバーチャルなお金であり、データとしてのみ存在する通貨」であるということでしょう。

仮想通貨、例えばビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などは、日本円の100円玉や500円玉のような硬貨、1,000円札や10,000円札のような紙幣といった、手で触れる物体としての形をもっていません。

あくまでデータとしてのみ存在するお金です。

手で触ることはできないデータのお金であるため、もちろん財布に入れて持ち運ぶことはできません。
(ウォレットと呼ばれるバーチャルな財布に入れて持ち運ぶことはできます)

よく下図のようなビットコインの画像を見ることがありますが、これはあくまでイメージ図であり、実際にこの図のようなコインが
出回っているわけではありません。

仮想通貨を所持していることは、パソコンやスマホの画面上で、数字のデータとしてのみ確認することができます。


数字のデータとしてのみ確認できると聞くと、混乱してしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

例えば三井住友銀行やみずほ銀行、そのほか地銀にお金(日本円)を預けているとき、今現在、口座にいくらのお金が入っているのか?を確認するときには、通帳の残高を確認したり、インターネット上の口座情報ページから残高確認したりしますが、それと同じイメージです。

このとき、通帳やネット口座上に表示されている金額はあくまで数字に過ぎず、硬貨や紙幣の実物がそこにあるわけではありません。

数字というデータでのみ存在しており、窓口やATMで現金化するまでは、手で触ることはできません。


仮想通貨ではない日本円やドルの場合、人やお店でのやり取りでは、硬貨や紙幣を手渡しすることも多々ありますが、最近では、クレジットカード決済やSuicaなどの電子マネー決済によって、硬貨や紙幣を手渡ししなくても決済することが増えてきました。

これらの決済でも、手で触れる現金が右から左へ移動しているというわけでなく、口座から口座へお金が移動し、その結果、口座にあるお金の残高(=数字)が増えたり減ったりするわけです。これもデータのやり取りだけですよね。

仮想通貨でもこれは同じことで、誰かに 1 Bitcoin を支払いたいときには、相手の口座(ウォレット)に対して1 Bitcoin を送金すれば、支払い完了となります。

数字の移動、数字の増減が、お金の移動や残高を表わすということは、日本円やドルと仮想通貨では全く同じです。

スポンサーリンク


仮想通貨が法定通貨と違うところ

上でも説明しましたが、仮想通貨が円やドルなどの通貨(=法定通貨といいます)と大きく異なる部分は、「実態を持たないデータとしての通貨である」以外にもいくつかあります。

以下に列挙します。

・特定の国が発行する通貨ではない
・中央集権ではなく分散管理型である
・過去の所有者が丸わかり

順番に説明していきます。

特定の国が発行する通貨ではない

たとえば日本円「¥」の場合、10円玉や500円玉などの硬貨、1,000円札や10,000円札などの紙幣は、日本銀行によって発行され、その市場での流通度合いが管理されています。

米国のドル「$」も同じく、FRB(連邦準備制度理事会)によって、市場での流通度合い(マネーサプライ)が管理されています。
これは、他のどの国の通貨であっても同じことです。

しかし、仮想通貨の場合、基本的にその仮想通貨を発行している中央銀行のような存在がありません。

そのため、どこかの国に属している通貨という扱いではなく、全世界で一律に使用できる通貨として扱うことができます。
(=為替の影響を受けない、送金手数料が安い など)

中央集権ではなく分散管理型である

仮想通貨は、どこかの国の中央銀行によって管理されているわけではなく、世界各地に存在する企業や団体によって「仮想通貨が運用されているネットワーク」が運用されています。

ネットワーク上で 仮想通貨が誰かの口座から別の口座へ移されるという取引を、「仮想通貨が運用されているネットワーク」に参加している複数のメンバーが承認しあうことで、相互にその取引の正しさを確認し、担保しています。

日本円などの法定通貨の場合、お金の移動や取引があった場合、その取引が発生した口座をもつ銀行が、銀行内のコンピュータでその取引を処理します。

しかし仮想通貨の場合、1つの取引を処理するコンピュータが世界中に複数存在しており、その全てのコンピュータで同じ処理を承認することで、初めて取引が成立するという仕組みになっているのです。

1つの銀行に処理が集中せず、世界中で分散して処理されることから、「分散型通貨」とか、「非中央集権型通貨」などと言われるのはこのためです。

過去の所有者が丸わかり

仮想通貨には、法定通貨ではありえないユニークな特徴があります。
それが、「過去の取引履歴がすべて記録されている」というものです。

例えば日本円(JPY)の場合、会社からお給料として何枚かの 10,000 円札を貰ったとして、この 10,000 円札が、それぞれこれまでどのような取引に使われ、どのような人が所有していたのかなんていうことはわかりようがありません。

硬貨であろうが紙幣であろうが、お金に名前や印はついていないため、一度持ち主の手を離れたお金が誰の所有物であるかを判断することは非常に困難です。というか不可能でしょう。

しかし仮想通貨の場合、出金や入金などの取引の履歴は、すべて仮想通貨を運用するネットワークの履歴として保存されています。

そのため、仮に自分が所有している仮想通貨が不正に引き出されてしまったとしても、その仮想通貨にはあなたが所有していたという記録が残されているため、比較的容易にその仮想通貨を追跡することが出来ます。

仮想通貨はマネーロンダリングに使用される可能性があると警鐘を鳴らす方も少なからずいますが、取引履歴がすべて記録されるという仮想通貨の特性上、通常の法定通貨よりもマネーロンダリングし辛いということが言えるのです。

これは、仮想通貨がデータであるがゆえに可能になったことですね。
仮想通貨を成立させる基幹技術であるブロックチェーンについても、今後分かりやすく説明できればと思います。



少し長くなってしまったため、一旦切ります。
仮想通貨と電子マネーとの違い、仮想通貨とポイントカードとの違い、仮想通貨とクレジットカードとの違いなどについても、追々説明していきます。

コメントを残す