仮想通貨と電子マネーの違いとは?

よくある間違いとして、仮想通貨と電子マネーを混同するということがあります。

僕自身、『仮想的なお金 = 電子的なお金 = 電子マネー』
という等式が頭の中にあったので、仮想通貨は電子マネーなのかなと考えていた時期がありました。

スポンサーリンク

今回は、仮想通貨と電子マネーの違いについて記載していこうと思います。


仮想通貨と電子マネーとで異なるところ

仮想通貨と電子マネーは、根本的に異なるものです。
そのことについて、詳細に見ていきます。

お金の単位

基本的な部分ですが、非常に重要なところです。
電子マネーと仮想通貨では、お金の単位が異なります。

仮想通貨の場合、たとえばBitcoinであれば、単位は BTC ですし、Etherium (イーサリアム)であれば、単位は ETH です。
そのほか、存在する仮想通貨の数だけ、それぞれに単位が存在しています。

仮想通貨は文字通り『通貨』だからです。

一方、日本で使用される電子マネーの場合、単位は『円』です。

電子マネーとして有名なところでは、鉄道会社の Suica や Pasmo 、イオンの WAON などがありますが、これらを使用するときには日本円の価値で計算していますよね。

これら電子マネーは、あくまで日本円という通貨を支払う際の代替手段であるため、その単位が日本円から変わることはありません。

仮想通貨は通貨そのものであるのに対し、電子マネーは、通貨としては『日本円」です。

電子マネーは『通貨』そのものではなく、あくまで日本円の別の姿にすぎないということです。


国境がない

マクロな視点になりますが、仮想通貨には国境がなく、電子マネーには国境がある と表現することができます。

その国に仮想通貨を受け入れる体制ができている前提の話ですが、たとえばBitcoinを日本以外の国で使おうとすると、問題なく使うことが出来ます。

アメリカなどでは、既にビットコインの決済が可能なお店がバンバンと立ち上がっているようですし、今後も増えていくことが予想されます。

一方電子マネーの場合、上述したように、単位はあくまで『円』ですから、そのままでは日本以外の国で使用することはできません。

アメリカのコンビニで Suica による支払いは出来ませんし、イタリアのスーパーで WAON による支払いをしようとしても出来ません。

アメリカやイタリアでは円による決済はできませんから、当然のことですね。

世界中の何処の国でも使用できる仮想通貨と、地球上で日本のみでしか使用できない円では、『仮想通貨には国境がなく、日本円には国境がある』と言うことができるわけですね。


管理者の有無

上で説明した「国境がない」に通じるところがありますが、基本的に仮想通貨には管理者がいません。
(「基本的に」と言っているのは、管理者がいる仮想通貨もあるからです)

一方、例えば電子マネーの実体である日本円は、日本銀行とういう管理者によって発行され、市場に流通する量が厳しく取り締まられています。

中央銀行がその気になれば、市場にお金を溢れさせることも、逆にお金の流通量を減らすこともできます。

これはどこの国でも同じで、アメリカならFRB、EU なら欧州中央銀行が、通貨の管理者として機能しています。

電子マネーの中身は日本円やドルですから、中央銀行の決定による影響は電子マネーも当然受けます。

電子マネー、日本円やドルなどは、その中央銀行という管理者によって操られていることから、中央銀行に権力が集まりやすいという意味を込めて、『中央集権』なんて言われたりもしています。

スポンサーリンク


仮想通貨と電子マネーとで同じところ

仮想通貨と電子マネーは全く異なるものですが、似ている部分もあります。
混同しないように確認しておきましょう。

実体を持たない

仮想通貨と電子マネーを混同してしまう一番の理由が、どちらも紙幣や硬貨という実体を持たないからだと思います。

仮想通貨も電子マネーも、デジタルなお金のであるという点は共通ですので、両方とも物体が存在するわけではありません。


仮想通貨の場合、ウォレットと呼ばれるアプリに仮想通貨を入れ、支払い相手のアドレスに仮想通貨を送金したり、自分のウォレットに仮想通貨を送金してもらう、といった使い方をします。

一方電子マネーの場合、Suica や PASMO はカードを読み取り専用機にかざすことで支払いすることが出来ますし、Apple Pay などでは、カードではなく携帯電話を専用機にかざすことで支払い出来ます。

どちらも、紙幣や硬貨のやりとりが発生することなく、口座の残高が上下します。


以上、仮想通貨と電子マネーの特徴について書いてみました。
これら2つの違いについて理解できていなかったという方は参考にしてみてください。

コメントを残す