Fcoin Token (FT) の所持枚数と配当金の割合を計算するツール

FT所有枚数によって、得られる仮想通貨枚数が異なります。現状、保有している FT の日本円価値の 3% 程度が毎日配当として支払われているようです。

先日お伝えした Fcoin Token (通称 FT) ですが、FT を保有する枚数によって、毎日の配当金額が異なってきます。
2018年7月1日の時点では、所有する FT の日本円価格の約 3% 程度が毎日支給されています。

「Fcoin Token (FT) の所持枚数と配当金の割合を計算するツール」の続きを読む…

Fcoin/エフコイン(仮想通貨取引所)の新規アカウント開設方法を図解入りで説明してみる

Fcoin トップイメージ

最近 Twitter の仮想通貨アカウントの間で話題になっている Fcoin(エフコイン)という仮想通貨取引所をご存知でしょうか?

正しい名を Fcoin Exchage と言うそうですが、元Huobi の最高技術責任者である Zhang Jian 氏が新しく作った取引所であることから、仮想通貨投資家たちの間では、かなり信頼と期待を寄せていた取引所です。

実際、仮想通貨取引所で世界的な大手である Binance (バイナンス)の取扱高を抜いてしまったという話も聞きます。

さらにさらに、それだけ取引量が増えたのにも関わらず、サーバーのダウンなどを発生させない技術力の高さたるや、日本国内の脆弱な取引所には真似できない部分でしょう。


また、数多くのベンチャーキャピタルが Fcoin へ出資をしているという現実からも、全世界が期待し、注目している仮想通貨取引所と言えそうです。



さて今現在、Fcoin へ注目が集まっている理由は、なんといってもそのトークンにあるでしょう。
Fcoin では、FT と言う名前のトークンを発行しており、そのトークンを所持している人に対して、以下のような権利が与えられます。

  • 取引所の収益を配当として貰える権利
  • Fcoinプラットフォームの日常業務における意思決定参加の権利
  • 選挙権
  • 監督権

特に、1番目の「取引所の収益を配当として貰える権利」と言うものの存在が大きく、また、画期的なんですね。
Fcoinトークンを所持している人には、取引所収入の 80% が、毎日分配されます。

これって中々凄いことで、FT トークンを ETH や USDT で購入し所持しているだけで、勝手に毎日お金が増えていくということです。
(配当される通貨は、取引手数料として支払われた通貨が元になります。)


もちろん、常識的な立場から考えると、こういった状態がずっと続くということも考えにくいのですが、今はまだまだ配当が分配されており、実際にこの配当によってい毎日利益を出している人の声は、 Twitter などの SNS 上でも数多く見受けられます。

そのため現時点では、ある程度の少額であれば、FTトークンに出資してみても良いかもしれません。

配当として付与された通貨をすべて FT へ変換し、貰える配当をどんどん大きくしていく。
ある程度利益が大きくなってきたら、元本分の金額だけ退避させて、後は配当が増えていくのを見守る・・・ というのが無難
でしょうか。

ただ、最近は中国人の買いが多く入っているようで、FTトークンの価格もグングン上昇しているため、そのうち少額の資金では購入できなくなる可能性もありますね。その点は留意しておく必要があります。

あともちろん、投資は自己責任ですよ。


前置きが長くなりましたが、FTcoin の取引所開設方法について、以下に説明していきます。
参考にしてみてください。



Fcoin/エフコイン(仮想通貨取引所)の口座開設方法

まず、以下のリンクから Fcoin のメインサイトへ移動してください。

Fcoin TOP ページ


すると下図のような画面が出てきますので、それぞれの項目を記入します。

Fcoin の新規サインイン画面

各項目の記入内容は以下です。

  • Username ・・・ Fcoin のアカウントとして使用する名前
  • Email   ・・・ Fcoin に登録するメールアドレス
  • Password ・・・ Fcoin にログインする際に使用するパスワード
  • Confirm ・・・ Password 欄に入力した値をもう一度入力

これらを入力し終わったら、“I agree to the user_agreement and privacy_policy” にチェックを入れ、”Sign Up” をクリックしてください。

下図のように BOT対策のパズルが表示された場合は、ボタンを横へ動かして、空いた箇所にパズルをあてはめます。
このとき、ボタンを動かすのに時間がかかり過ぎるとやり直しになってしまうため、注意して下さい。

Fcoin の BOT 対策パズル画面


下図の画面になり、先程登録したメールアドレス宛に Fcoin から確認のメールが届きます。
もしメールが届いていない場合は、”Resend” ボタンを押すことで、もう一度確認メールを送信してもらえます。

Fcoin のメール送信確認画面


メールソフトの受信箱に、以下のようなメールが届いていることを確認してください。

Fcoin の確認メールが届いた様子


メールの内容は以下のようになっています。
“Verify your email address” のボタンを押下すると、Fcoin に登録したメールアドレスが認証されます。また、Fcoin のサイト画面が開きます。

Fcoin のメールアドレス認証が正常に行われた様子


Fcoin の画面が開いたら、画面中央にある “Sign In” をクリックし、先程登録したメールアドレスとパスワードを使用してサイトにログインしてください。

Fcoin のメールアドレス確認後のサインイン画面

Fcoin メールアドレス確認あとのサインイン情報入力済み画面


人間であることの確認画面が出たら、先程同様にボタンを右へ動かしてパズルを完成させてください。

Fcoin の BOT 対策パズル画面


以下の画面になったら、Fcoin のアカウント開設は完了です。
ただ、アカウント開設しただけの状態では本人確認ができていないため、取引で扱える通貨の量に制限がかかってしまいます。今のところは、20ETH、2BTC 以上の取引を実施する場合には、本人確認が必要となるようです。
そのため、大きなお金を扱いたい方は、次章以降の本人確認も必ず実施しておきましょう。
逆に、小資金で取引することのみを考えている方は、本人確認の手順はすっ飛ばして頂いて大丈夫です。

Fcoin トップログイン直後の画面

スポンサーリンク



Fcoin/エフコイン(仮想通貨取引所)の本人確認方法

Fcoin で本人確認を実施します。
必要なものは、免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類です。


まず、Fcoin にログインしたメイン画面の右上にある、アカウントボタンをクリックし、”Setting” を選択して下さい。

Fcoin のSetting画面移行方法


以下の画面の中から、”KYC Verification” という緑色の文字をクリックしてください。

Fcoin の本人確認書類提出画面を出す前


次の画面が表示されますので、各項目を記載の上、”Upload Identity ~ ” の記載がある緑色枠をクリックして、パソコン内に保存してある本人確認書類の画像をアップロードします。

本人確認書類アップロード画面

各項目の記入内容は以下です。

  • country/region ・・・ “Japan” を選択
  • First Name   ・・・ 名前を入力
  • Last Name ・・・ 名字を入力
  • passport ・・・ 本人確認書類に記載されている番号を入力
  • Upload Identity Card Information ・・・ 本人確認書類の表面 の画像をアップロード
  • Upload Identity Card Back. ・・・ 本人確認書類の裏面 の画像をアップロード
  • Upload Hand Held Card Picture ・・・ 本人確認書類を手に持ち、顔が映っている写真をアップロード

“本人確認書類に記載されている番号” とは、運転免許証の場合では、表面に記載されている登録番号を指します。パスポートの場合であれば、旅券番号を指します。

すべて対応し終わったら、画面下の “Submit” をクリックして下さい。


“Setting” 画面において、次のような表示に変われば、本人確認書類の提出は完了です。

Fcoin 本人確認書類の提出完了画面

スポンサーリンク



Fcoin/エフコイン(仮想通貨取引所)のセキュリティ設定

次に、他の仮想通貨取引所でもおなじみのセキュリティ設定を実施していきます。

下図の画面から、“Google Authentication” の “Enable” ボタンをクリックして下さい。

Fcoin GoogleAuthenrication の設定方法


Google Authentication のアプリ登録画面になります。
画面に表示された QR コードを、スマホのバーコードリーダーアプリで撮影し、 Google Authentication のアプリをインストールしてください。
(既に Google Authentication のアプリがインストール済みの方は、Fcoin の認証番号がアプリに登録されます。)

スマホのアプリに表示された 6 桁の数字を “GA Verification code” 欄に入力し、”Authenticaiton” のボタンを押下すると、設定完了です。

Google Authentication のQRコード画面

スポンサーリンク



さいごに

ざっくりとでしたが、Fcoin のアカウント開設と初期設定について説明してみました。
FT の購入方法や、そもそも FT を所持することによるメリットにどんな物があるのか?についても、時間を作って記事にしてみたいと思います。

現時点では、この FT 並みの高配当を実施している仮想通貨取引所は存在しないように思います。
そのため、Twitter などの SNS では、高配当が終わることによる FT の価格大暴落や、取引所の運営停止の可能性などもささやかれているようです。


ただ一方で、毎日確実に着実に配当金を受け取っている人がいることも事実。
人によっては、500万円位を FT に突っ込み、毎日何万円もの配当金を得ている方もいるようです。凄いですよね^^;


ハイリスクハイリターンな印象が強く、実に悩ましいところですが、6月から配当金の分配を開始したということもあり、現時点ではまだまだ先行者利益を取りに行ける状態なのでは?と個人的には考えています。

もしこの記事を読んで Fcoin に興味が湧いた方は、少額から投資してみても良いかもしれません。
もちろん、自己責任でお願いします。

Binance (バイナンス) の登録・口座開設方法を図解入りで説明

bitbank.cc の登録・口座開設方法を図解入りで説明

Zaif (ザイフ) の登録・口座開設方法を図解入りで説明

Ledger Nano S(レジャーナノS)の初期設定を図入りで説明してみた

少し昔の Mt.GOX事件だけでなく、最近でも Coincheck による NEM 流出事件など、なにかと仮想通貨はハッカー絡みの事件が多いですよね。報道されないだけで、取引所のウォレットに入っていた仮想通貨が盗まれた!なんて事件は、結構頻繁に発生しているようですし。

「Ledger Nano S(レジャーナノS)の初期設定を図入りで説明してみた」の続きを読む…

Ripple 1万円ばらまきキャンペーンの企業診断結果が返却されました

先日もご紹介した、加藤将太さんの XRP(リップル)ばらまきキャンペーン、まだまだ募集しているので、少し手を動かすだけで 10,000 円分のリップルをゲットしたい方は、ぜひどうぞ。

仮想通貨リップルまたは現金1万円分プレゼント

「Ripple 1万円ばらまきキャンペーンの企業診断結果が返却されました」の続きを読む…

京大卒MBAホルダーが XRP(リップル)1万円分をバラ撒いている

僕が昔アフィリエイトをやっていた頃に知った、京大卒MBAホルダーで現在は数億円規模の資産を構築した経営者である加藤将太さんという方がいらっしゃいます。

この方、京大卒なのでもちろん頭は良いのですが、過去にせどりやアフィリエイトで莫大な資産を築いた経歴をお持ちだったので、個人的にずっと注目していました。

「京大卒MBAホルダーが XRP(リップル)1万円分をバラ撒いている」の続きを読む…

Zaif (ザイフ) の登録・口座開設方法を図解入りで説明

国内の仮想通貨取引所では、Zaif(ザイフ)も開設しておきたい取引所です。

ここでしか扱っていないトークンがあったり、他の取引所にはない「仮想通貨の積み立て投資」が出来ますので、資産を増やしていく上での選択肢を増やすことができますよ。

「Zaif (ザイフ) の登録・口座開設方法を図解入りで説明」の続きを読む…

Binance (バイナンス) の登録・口座開設方法を図解入りで説明

ビットコインやそのほかの主要アルトコインの取引のみを行う場合、日本国内の仮想通貨取引所の口座を開設しておけば、あまり都合の悪さを
感じることはありません。

ただ、仮想通貨の世界は広く、2018年2月現在では有名なものから詐欺まがいのものまでを含め、銘柄は 1,500 種類を超えていると言われています。

「Binance (バイナンス) の登録・口座開設方法を図解入りで説明」の続きを読む…

bitbank.cc の登録・口座開設方法を図解入りで説明

僕が現在一番使用している仮想通貨取引所である bitbank.cc (ビットバンク) の口座開設方法と使い方について解説します。

なぜ僕がビットバンクを一番使用しているかというと、ビットコイン以外にも、主要なアルトコイン (イーサリアムやリップルなど)を指値で購入することができるからです。

「bitbank.cc の登録・口座開設方法を図解入りで説明」の続きを読む…

仮想通貨はガチホして中長期運用すべき

仮想通貨の取引でよく聞かれる『ガチホ』という単語ですが、これは購入した仮想通貨をそのまま「売ったりせずに保持したままにする」ことを言います。

「ガチでホールド」だから、『ガチホ』ですね。

投資の世界では有名なウォーレン・バフェット氏の投資スタイルも、「優良企業を見つけて、その株式をガチホする」というものです。

「仮想通貨はガチホして中長期運用すべき」の続きを読む…