【図解入り】AdSense Plugin WP QUADS で固定ページだけ広告タグを自動挿入させない設定方法


Wordpress ブログを用いて Google Adsense を実践されている方であれば、その大半が使用しているであろう便利なプラグインとして、WP QUADS があります。
このプラグインを使用すれば、毎回記事を作成するたびにいちいち Adsense の広告タグを記事に貼りつけなくても、自動的にタグ挿入してくれるというものです。


たとえば記事タイトルの下に 横長の Adsense 広告を挿入したり、H2 タグの後ろにレクタングルの Adsense 広告を挿入したり・・・といった感じです。

僕もご多分にもれず、この便利なプラグインをずっと利用してきていたのですが、先日困ったことに気づいてしまいました。
それは、WordPress の固定ページにも Adsense 広告が自動挿入されている!というものでした。


例えばこのブログの作者プロフィールページなんかは、一般記事ではなく固定ページ記事として作成しているのですが、そのプロフのトップと最下部にバーンと Adsense 広告が表示されてしまっており、見苦しいことこの上なかったです。。。


固定ページは一般投稿ページとは異なり、読者の方により深く読んで頂くコンテンツをギッシリと書きこむことが多いため、そういったページに Adsense 広告がポコポコと挿入されてしまうと、読者さんの精読率ががくんと下がってしまいますよね。


そのため、WP QUADS を使用しているブログで固定ページを使用する場合は、あらかじめ固定ページ内に Adsense 広告が自動挿入されない設定にしておいた方が良いと思います。
設定自体はかなり簡単なので、ここで図解入りで説明載せておきますね。



AdSense Plugin WP QUADS の『GENERAL』設定タブを確認する

ここでは、既に AdSense Plugin WP QUADS がインストールされていて、一般記事内への Adsense 広告タグの自動挿入設定も完了していることを前提として説明をしていきます。

デフォルトでは、固定ページへの Adsense 広告タグ挿入もオンになっています。


まず、WordPress のサイドメニューから『プラグイン』を選択し、『インストール済みプラグイン』をクリックします。

WordPress の左サイドメニューから『プラグイン』→『インストール済みプラグイン』と進む


インストール済みプラグインの一覧が表示されたら、AdSense Plugin WP QUADS の項目を見つけ出し、『General Settings』をクリック。
AdSense Plugin WP QUADS のメイン設定画面へ移行する直前


『GENERAL』タブの『GENERAL & POSITION』タブが選択されていることを確認して下さい。
AdSense Plugin WP QUADS のメイン設定画面への移行

スポンサーリンク



AdSense Plugin WP QUADS で変更するのは “Post Types” 項目だけ

“Position” や “Visibility” の項目はスルーし、画面下の方までスクロールして下さい。
すると下図のような、”Pot Types” という項目があります。

AdSense Plugin WP QUADS の Post Types 設定画面 その1


デフォルトでは、”post” と “page” の両方が選択された状態で、青反転していると思います。
“post” は一般記事への広告挿入、”page” は固定ページへ広告挿入を意味しているため、ここで “page” をクリックして、”post” のみが青反転している状態にします(下図)。

AdSense Plugin WP QUADS の post Types 設定画面 その2


この状態で『変更を保存』ボタンをクリックすれば、固定ページに Adsense 広告が自動挿入されない設定は完了です。とても簡単ですよね^^


最後に、適当な固定ページを表示させてみて、Adsense 広告が表示されないことを確認しておいてください。


もし逆に、固定ページにも Adsense 広告を表示させたいのに正常に表示されていない!と悩んでいる方は、 “page” の青反転が外れてしまっていないかを確認してみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す